旧道楽さんの自転車日記

レトロ、かめさん、美味しいものと自転車を愛する博多っ子の、日々の記録

憧れの選手と脚質

なんだかぼんやりとしたタイトルですが。

 

子ども時代、ロードレース観戦にハマったわたしには、大好きな選手がいました。

 

彼の名はロビー・マキュアン

実は小柄な(わたしより大きいですけどね)オージースプリンター。ゴール前の大混戦を、自由すぎる動きと鋭い加速で制する男。今更、ここで語るような選手ではありません。とにかく勝つ男。

 

すこし後になると、カヴェンディッシュが最強スプリンターとして名乗りをあげますが、カヴに比べるとマキュアン会長はよりシャープな感じでした。カヴが太ってるとかじゃないですよ!どっしりして見えるけど。

登りになると一切やる気がなくなるところもひっくるめて好きでしたね。そしてウィリーしちゃったりね、もう。

エディメルクス乗ってた頃が好きでしたね。なんだか。

リドレーに乗るころにはおっさん感が強くなってましたw

 

 

まだ若かったわたしは或る時、クラスのおんなのことキャッキャウフフな関係になり、待ち受け画面を二人で撮ったプリクラにするよう要請されましたが、頑なに拒否!!!なぜなら・・・・・・・・・まあ言うまでもありませんよ。

携帯開くとマキュアンがいつも微笑みかけてくれたもんです。

 

 

ロードバイクに実際に乗るようになり、自分もスプリンターになりたいな、と思うようになるまでそう時間はかかりませんでした。アマチュアで、自分の脚質はこれだ!!!っていうのはなんだか変ですけどねw

 

ちなみにわたしは自転車部とかではありませんでしたよ。

そんなものはない 福岡市には

 

神は私に試練を与えました。

わたしには、まるでスプリント力がなかったのです。そして、それはあまり改善していませんw

 

スプリントのコツ、みたいなものを自分なりに調べて、必死に練習してみました。初期に比べればましにはなってきていますが・・・。

 

ロードバイクに乗り始めた16歳頃の最高速度が、時速55kmほど。当時はやたらマッチョでした。そしてまだ若かったこともありw

強い人、上手い人の模倣が出来たんでしょうね。

諸事情により自転車に乗れていない時期も数年ありましたが、自転車も新しくなり、背も多少伸び(5mmくらい)体重はすっかり落ち(おい)

ぺダリングも多少キレイになり、個人的には時速65kmくらいいけるっしょ!!と思ってました。まあ、単なるおバカですね。

 

現実は厳しい!!!乗り換え直後は時速59kmが限界でした。伸びしろ?ありませんねぇ?

 

俺、トラックでTT走るんだ!!!

と頑張ってた時期にようやく時速61km出ましたが、なんか生き物として、これ以上はムリな気がしています。ごめんね、allez sprint。身体がバラバラになりそう。体重軽めなのも関係あるかもしれませんが、ふわっとしますw

 

つまるところ私は、スプリンターじゃなかった!!!!!

トラックでインハイやら国体やら出る若人たちと一緒に走らせてもらって痛感しましたよ。

スピードに乗るまでが早いんですよね、彼ら。簡単に言うとスプリント力があるんですねぇ(憤怒)

 

じゃあ・・・自分の脚質は・・・なに・・・?

と考えてみたんですが

 

スプリント→ダメ。スプリント後は気分悪くなる。

登り(緩くて長いやつ)→クソ。自転車売りたくなる。

登り(急勾配で短いやつ)→ワンチャンあるで。

巡航→割とすき。

 

パ、パンチャー?なのか?

いや、スプリント全然ダメなんで違いますね。登りのスプリント的な走りは比較的得意なんですが・・・

ルーラー?でもないような・・・。

 

わかんねえから、出来る限りスプリント鍛えつつ、スパーン!!と逃げられる選手目指したいですね。

マチュアですし、得意不得意はあれど、全部こなさんとだめですね。厳しい!!!!

 

 

ちなみにヴォクレールも好きな選手ですが、あの時々リミッターはずれちゃう走りは真似したくないですw翌日に響きそうw